夢女の闇日記

夢女学園獣医学科に通ってるマグル

モノノ怪 極彩珠麗絵巻(ヴィジュアルポスターブック)レポ



こんばんは。薬売りさんと共同生活2日目です。今更ながらやすりをかけていないことに気づきやすりをかけつけまつげをつけたりしてそれなりに充実したゴールデンを送っていました。

モノノ怪極彩珠麗絵巻

先日ネットにてモノノ怪ヴィジュアルポスターブックを手に入れました。ヤングガンガン増刊号vol.3の付録だったみたいですね。2008年だから7年前かぁ…。モノノ怪にハマった頃から血眼で探していてふらっと検索したページで売りに出されているのを見て速攻で購入しました…。何度も何度も購入したか確認するくらい嬉しくて届くまで本当に待ち遠しかったです…。ゴールデンウィークなのに配達させて申し訳ないです。マジ感謝です。




中身紹介

表紙
f:id:wizard_of:20150505005340j:image
あぁ〜麗し…至高ですね。大きさはこのくらい。

f:id:wizard_of:20150505005518j:image
結構デカイ…。もう少し小さいと思ってたので嬉しい。どうでもいいけど影つけると指めっちゃ綺麗に見える。


裏表紙は
f:id:wizard_of:20150505005610j:image
後ろは黒ですね。



開くと
f:id:wizard_of:20150505005507j:image
表紙から楽しめるなんてほんとに素敵!

中古で買ったのに状態がとても良い!前の持ち主さん有難うございます…。



作者順にいきたいと思います
まるで画像を掲載しているかのように感想書いていきます。
雰囲気伝わるといいんだけど…!!!







モノノ怪のコミカライズ作画担当のヤエコ先生!
薬売りとハイパーが描かれてます。紅葉が綺麗。対になってるのがいいですね。
ヤエコ先生の描く薬売りさんは原作寄りなので漫画も楽しく読ませていただいてます(≧∇≦)坂井の化け猫あと二冊ほど買う予定です。
現在海坊主上下発売中
背景の描き込みが美しいのでオススメです。再現率がすごくて驚きました。モチロン初回限定版入手済みです。



2.林田球先生

ですね!ちゃんと骸が4つ。そして2Pカラー薬売り。鵺の冬の厳かな雰囲気にぴったりでかっこいいです。モノノ怪の冬は独特で寂しいような切ないような、そんな雰囲気を持ち合わせていますが薬売りの表情が得意げで可愛いなと思います。少し外国の雰囲気があってそこも素敵です。



3.岡崎武士先生

最高です!!!!!!!有難うございます!!!!!!!!!!
着物+うなじ+ジト目最高辛抱たまらん。個人的には脇が見えそうなのも評価高いです。天才だと思います。それ以外出てきません。



4.荒川弘先生

荒川弘先生はモノクロ薬売りでした。筆で描いたようなタッチと描き込みがとても好きです。雰囲気あります。後ろから伸びる手引き裂かれた番傘モノクロってめちゃくちゃセンスを感じます。



5.枢やな先生

モノノ怪の世界観が一番感じられる色合いですね。The モノノ怪。色鮮やかで薬売りが映えます。なんかジャパンってかんじ。JAPANじゃなくてジャパン。伝わるといいな…笑。




わたしの大好きなのっぺらぼう全員集合!お蝶がさりげに包丁とお面持ってます。加代ちゃんにイケない話している薬売りさんには見えないくらい爽やか健全な薬売りさんに描かれてます。敦盛カッコイイ。



7.田島照宇先生

優しいタッチの薬売りさん。怪しげな表情と相重なって艶やかさがより一層増してる気がする。振り向きざまの薬売りもいいもんですね…。個人的に扉と薬売りの組み合わせが好きです。



8.橋本敬史先生

産みの親の偉大なる先生。感謝しても仕切れない。この色合いと薬売りとハイパーが重なってるのがとても綺麗でいつまでも見てられます。色鮮やかさにモノノ怪みを感じる。ガラスみたいな透明感。





以上8名の大先生詰め合わせポスターでした。
f:id:wizard_of:20150505022854j:image
実際モノノ怪に関係しているのは蜷川ヤエコ先生橋本敬史先生だけなので他の方な絵が見れてとてもとても嬉しいです。愛されてるな〜。ヤエコ先生と敬史先生で薬売りとハイパーは別人、同一人物どちらなのか悩ませる描き方。
いつか8枚の絵をフィギュアで再現してみたい。  



稀にオークションに上がっているようなので欲しい方はオークションチェックしてみるといいかも!

また岡崎武士先生の絵はArt Works Re Boot

Amazon.co.jp: 岡崎武士 Art works RE BOOT: 岡崎武士: 本
に掲載されているようなのでぜひそちらもチェックしてみては!私は買います!!!



画像を掲載できないのが残念なくらいとても麗しいポスターブックでした。
大先生方に感謝しながらレポ終了!